MVNO(格安SIM)の乗り換えについて

MVNO(格安SIM)の乗り換えについて

MVNOから乗り換えに必要なもの

MVNOから乗り換える時には、本人確認書類として「運転免許証」や「パスポート」が必要となります。また、ほとんどの場合が月々の支払いをクレジットカードで決済するところが多いので用意が必要です。クレジットカード決済以外を希望する場合はデビットカードや銀行引落での支払いが可能な場合もあるので予定している乗り換えを先に確認してください。その他に契約時にメールアドレスが必要となる場合も多いのでフリーメールアドレスを準備する必要があります。(キャリアメールは解約すると利用できなくなります。)
電話番号を変えずに乗り換えたい時はMNP予約番号も必要となります。このMNP予約番号は発行日より15日という有効期限がありますので期限を過ぎると再発行が必要になります。MNP予約番号の発行は現在契約中の通信会社へ電話またはWEBで発行依頼をおこなってください。

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート)
  • クレジットカード(支払方法の確認)
  • フリーメールアドレス
  • MNP予約番号(必要に応じて)

MVNOからMVNOへ転入する場合

MVNOからMVNOへ転入する場合は現在契約しているMVNOからの転入手続きが可能か事前に転入先のMVNOに確認してください。

MVNOから3大キャリアへ転入する場合

MVNOから3大キャリアへ転入する場合はWEB申し込みができない場合が多くMVNO転入手続きができない場合もありますので事前確認が必要です。
またキャンペーンなどの適用も対象外となる場合もあります。

乗り換えに必要となる費用

乗り換えに必要となる費用としてMNP予約番号を発行する際の手数料など転入先での契約事務手数料や、転出元に支払うMNP転出費用などがあります。
その他にも最低利用期間に伴う違約金などがありますので確認が必要です。

空白期間の確認

MVNOが登場した頃はSIMカードが届くまで通話やインターネットが使えないブランク時間(空白期間)が2~3日程度が存在していましたが最近は「即日MNP」に対応しているMVNOがほとんどなのでブランク期間(空白期間)はありません。この「即日MNP」に対応しているかを事前に乗り換えを予定しているMVNOに確認してください。