SoftBank on LINE誕生で今後のMVNOに期待

日本のMVNOで認知度の高いLINEモバイルが2021年3月で新規の受付は無くなりソフトバンクの内部ブランド「SoftBank on LINE」としてサービスが開始されるようです。
価格帯はNTTドコモが発表したahamoと同じスタイルで4G/5G共通で月額2,980円。そしてLINEモバイルならではのサービスは継承され「LINE」アプリのデータ容量については使い放題が付いていることから以前のLINEモバイルの魅力もそのまま。但し回線はソフトバンクの4G&5Gのみ。
また通話においては5分以内の国内通話が無料とのことで同時期にサービス提供がスタートする「ahamo」に続き「SoftBank on LINE」の登場により2021年はMVNO存続における新たな展開で個々のライフスタイルに合わせた選択ができる柔軟なプランや必要最小限で低価格なプランなど、市場で生き残れたMVNOが強みを利用してユーザーへのより良いサービスの提供に大きな期待ができそうです。

SoftBank on LINE(2,980円/月)

月間容量速度制限通話料回線
20GB+LINE20GB超過後は最大1Mbps1回5分以内無料
(5分超過分は30秒20円)
ソフトバンク回線
4G&5G対応

ahamo(2,980円/月)

月間容量速度制限通話料回線
20GB20GB超過後は最大1Mbps1回5分以内無料
(5分超過分は30秒20円)
ドコモ回線
4G&5G対応

スターサービス(スターモバイルS・4,860円/月)

月間容量速度制限通話料回線
20GB20GB超過後は128Kbps以下24時間かけ放題ソフトバンク回線
4G対応

スターサービス株式会社のMVNO通信サービス

通信量の目安

1GBで容量500KB程度のメールを70通送受信が可能。1GBで容量300KB程度のニュースページを110ページ閲覧が可能。1GBで4MB程度(60秒中画質)の動画を9分視聴可能。1GBで4MB程度(4分程度)の音楽を250曲ダウンロード可能。あくまで目安ですので詳しくは通信料測定アプリでご確認ください。